• shrine photo1
  • shrine photo2
  • shrine photo3
  • Select No.1
  • Select No.2
  • Select No.3

Pause Play

最新情報

夏越の祓 (式典は本社で斎行)

日本では、6月末と12月末に半年間の穢れを祓う習慣があります。6月末は夏を元気に越えるためのお祓いとして「夏越(なごし)の祓(はらえ)」、大晦日は「大祓(おおばらい)」と言います。

アメリカ出世稲荷神社でも祓いの身代わりとなってくれる人形(ひとがた)を配布してご祈祷料10ドルにてお祓いをご奉仕させていただいています。

人形に名前、年齢(数え年)、住所を書き、その人形で体の良くなって欲しい部分を、願い事を唱えながらさすります。例えば、肩こりが治って欲しい場合は、「肩こりが治りますように」と言いながら人形で肩をさすります。頭が良くなって欲しい人は、「頭が良くなりますようと言いながら人形で頭をさすります。良くなって欲しい部分が複数でも構いません。

さすった後の人形を、氏名、住所、生年月日、年齢、eメールアドレスを明記した紙(神前で詠み上げますので、楷書でハッキリとご記入ください)と共に10ドルのチェックを添えてお申し込みください。(Paypalやクレジットカード払いをご希望の方はお知らせ下さい)。

5月15日までに届いた方の人形は、ハンドキャリーにて本社に持ち帰り、本社での夏越しの祓にてご奉仕いたします。6月20日までに届いた方の人形は、まとめて本社に郵送して本社での夏越の祓にてご奉仕いたします。

6月30日までに届いた方は、アメリカ出世稲荷神社での夏越の祓にてご奉仕いたします。

尚、崇敬会会員の方は、ご祈祷料は会費に含まれていますので無料となります。

人形をご希望の方はこちらまでご連絡ください。

 

今後の予定

11月 秋祭り&七五三

12月 大祓

 

夏季大祭と神社ワークショップ

6月9日と10日に本社で夏季大祭を斎行しました。

10日には、境内で夏祭りイベント「Let’s 開運 夏祭りだヨ! 全員集合」を開催! 13の出店のほか、奉納ライブなどが行われ、賑やかな1日となりました。

 

神社ワークショップ

夏季大祭の前日には、外人向けの神社ワークショップを開催! アイルランド、アメリカ、韓国、中国、フランス、ロシアの方々に神道について、また神社の参拝作法を紹介しました。

 

出世稲荷神社について

アメリカ出世稲荷神社は、全国の神様が年に一度集まる出雲大社のある出雲の国、島根県松江市に古くからある神社、出世稲荷神社のアメリカ分社です。

鎌倉時代から江戸時代にかけて松江を治めた代々の領主の信仰を集めた出世稲荷神社は、元々は「稲荷神社」という名称でしたが、出世開運に御利益があることから、いつの頃からか「出世稲荷神社」と呼ばれるようになりました。

主祭神は、豊饒と商売・営業繁栄の神様「宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)」。武士が崇拝した「誉田別命(ほむだわけのみこと)」をはじめ、病気平癒の神、水運・海上の神様も併せてお祀りし、開運招福・商売繁盛・営業繁栄・五穀豊穣・病気平癒・大漁満足・海上安全・受験合格・良縁成就などの所願成就に霊験あらたかなことで知られています。

最近では、くじ運に強い神社として人気を集めています。

 

アメリカ出世稲荷神社では、開店・開業の際の神事や商売繁盛のご祈願、新車購入の際の交通安全、空手や柔道、剣道などの道場での安全祈願、撮影の安全祈願、作品のヒット祈願、地鎮祭、結婚式、お葬式など、さまざまな祈願祭、式典を斎行いたします。お気軽におたずねください。

また、アメリカ出世稲荷神社の神主についてはこちらのページをご覧下さい。

 

to the topPage Top